大阪医歯学院 公式ブログ

大阪医歯学院の公式ブログです。受験生に役立つ情報等を配信していきます。

中川先生のお話 第3回 「風のように逝った人」

 筆者が新米医者だった頃。救急車で運ばれてきたのはガリガリでお腹だけが蛙の腹のように膨らんだ男だった。ボロボロの身なりだがめっぽう気の荒い人だった。担架で救命室に搬送される間もどなっていた。

「コラーッ!誰の許可でこんなとこ運んできたんじゃー!俺は頼んでへんぞー!!」

 Hさん42才。診断は原発性肝癌。癌細胞はもはや肝臓全体に広がり、手の施しようのない状態。Hさんはそのまま死ぬ気だったのかもしれない。病院に運ばれるのは本望ではなかったのかもしれない。

 そのうえ新米の筆者が担当になったのだからHさんには泣きっ面に蜂の心境だっただろう。初めて会った日のこと、筆者は指導医から呼吸状態の把握のために動脈血の採血を指示されていた。むろん初めて。しかも普通の採血ではなく患者の手首の動脈に対して注射器を鉛筆式に持って直角に突き立てねばならない。これは痛そう。Hさんは怪訝な顔で

「お、おまえ、震えてるんとちがうか?そ、それにおまえ、注射器の持ち方まちごうてる・・・ちょ、ちょっと待て!落ち着け!早まるな!そ、それにそこは手首じゃ、注射の場所も間違ってる!だ、誰か、こいつを止めてくれ!おい!こら!待てっ!待てってば!あ、あ、あー、痛あー!!」

 あれほど慎重にやったのに注射器に血が戻ってこない。筆者の額に冷や汗が流れた。失敗だった。仕方なく針を抜いた。そして消え入りそうな声で

「すいません。うまくいきませんでした。申し訳ありませんがもう一方の腕を出していただけませんか?」

 Hさんは本気で怒った!

「ええかげんせいよ!おまえ何年医者やってんねん?」

「今年卒業したところです。」

「ええーっ?そ、そんなあ!・・そしたら今の注射、ひょっとして・・初めてか?」

「・・はい、動脈穿刺は初めてです。」

「でも、医者の免許もってるんやろ?」

「はい、いちおう・・」

「もっとましな医者おらんのか?この病院には。なんで俺がこんなど素人みたいな奴にあたらなあかんのじゃ!院長呼んで来い!!」

 Hさんは怒鳴った。

 

 筆者にとっては痛恨の思い出のひとつ。Hさんには誰も見舞いにくることもなく、いつも居るのは気弱な新米医者だけ・・二人とも心細かった。その心細さが妙な連帯感を生んだ。最初「おまえ」呼ばわりだったのが最後は「先生」と呼んでくれた。そして「俺の身体で勉強しろ」とまで言ってくれた。入院して一ヶ月半の短いつきあいだった。筆者は「すいません」とは何度も口にしたが「ありがとうございました」という言葉はとうとう最後まで言えずじまいだった・・・

医学部入試コラム 生物第2回 「一月の歯学部の問題から」

 今回は、医学部の問題ではないですが、歯学部の今年度の問題から2点ほどピックアップしてみようと思います。

 

 まずは、朝日大学Ⅰ期Aの大問2から。分類についての大問が出題されました。2017にも大問で進化が出ていることもあるので、全範囲の見直しは必須ではないでしょうか。

 もう一つは、昭和大学Ⅰ期の大問1から。例年、80字での論述が出題されます。今年度は、S-S結合についてでした。2019年度は免疫寛容について80字、2018年度は解糖や呼吸による新たなATP供給がなくても十数秒程度であればヒトは激しい運動を続けることのできる理由について80字、2017年度はヒトの耳が振動数の異なる音を区別する仕組みについて70字、2016年度はヒトの眼が近くを見るときのピント調節方法について60字でした。だんだんと字数が増えていっていますが、語句説明論述のほうが書きやすいのではないでしょうか。

 

 私立医学部は各大学の前期日程が一通り終わりましたが、2月の後半から後期日程がやってきます。過去問や今年度受けた大学の問題を再度確認し、次へ活かしていきましょう。また、これらの問題について解答がほしい場合は下記の連絡先からお問い合わせください。

 

 

大阪医歯学院

https://www.isigakuin.ne.jp/request2/

獣医学部入試コラム 生物第2回 「岡山理科大学の入試について」

 今回は、岡山理科大学の今年度の問題から3点ほどピックアップして解説をしていこうと思います。

 まずは、SA日程1日目の大問4の(4)、少し悩むところではありますが、答えは(b)だけでしょう。(c)は答えとはならないです。模型CとDの比較から”匂い”があっても無くても同じなので、メスの匂いがオスの求愛行動に影響しないように見えるのですが、腹部が膨らんでいるという刺激だけで最大限の求愛行動をとるとしたら、匂いの影響がみられないだけかもしれません。つまり、模型Bに匂いをつけた実験をして効果がないことを証明してもらえないと(c)を選ぶことはできません。問題文に”すべて”選べと書いてあるのが嫌なところですね。

 次は、SA日程2日目の大問5の(7)、電気泳動の問題です。電気泳動で2種類のパターンがあるのは、ヘテロ接合体であるから。前日の問題にも同じものが出題されていました。大問3の(4)ですね。2018の酪農でも出題されましたし、よく見ておく必要があるでしょう。

 最後は、SB日程の大問3と4、作図問題についてです。大問3で見たことがないと思ったあなた、実は教科書に載っています(数研p.239、第一p.291、東京書籍p.242、啓林館p.204、実教p.212)。教科書をよく見て復習しましょう。

 私立獣医は各大学の前期日程が一通り終わりましたが、一息つく間もなく日大や岡理等の次の日程がやってきます。今まで受けた大学の問題を再度確認し、次へ活かしていきましょう。また、これらの問題について解答が欲しい場合は下記の連絡先からお問い合わせください。

 

大阪医歯学院

https://www.isigakuin.ne.jp/request2/

理事長の話 第3回

 医学部を皮切りに本格的に私立大学の一般入試が始まりました。現時点ですでに、不本意な結果になってしまった方は大勢いると思います。その方々へ向けてエールを送ります。

 高校野球でもそうですが、試合に勝つたびに強くなっていくチームがあります。理由として、勝つことでチームに自信がついていくということもありますが、より良くなっていくために必ず反省会を行っているからではないでしょうか。

 入試において、勝ち続けるということは必ずしも容易なことではありませんが、反省するということは今日からでも取り入れることができるはずです。間違えた問題を確認し、時間を計ってもう一度解いてみましょう。流行があるかどうかは定かではないですが、不思議と同じような内容の問題を他大学でも見かけることがあったりします。以前におすすめした基本事項のチェックに加えて、やり直しを行うことで合格へと近づいていくのではないでしょうか。

 受験当日の夜も大きな次への糧を得るため、学習を続けてください。 再び グッドラック

                        大阪医歯学院 理事長 北原

医学部・獣医学部講師コラム 英語第1回

 大学入試における英語は、学部に関係なく長文読解問題が大半を占めています。テーマや設問形式が異なっていても、英文を読むために必要となってくる能力は変わりません。英文構造を正確にとらえ、主語・述語を把握する能力です。

 入試で出される英文は一文が長くなっていますが、それは、修飾句や修飾節が多く含まれているからです。英文を読むときは修飾部分に惑わされずに、その分自体の主語・動詞を把握したうえで、内容を読み取っていくように心がけてください。

 私立の一般入試も続々と始まってきています。健康に気を付けながらも、最後まで気持ちを切らさず頑張りましょう。

中川先生のお話 第3回 「冬場の乗り切り方」

 最後の踏ん張りで頑張っておられる1月だと思います。この時期に最も気をつけたいことは健康面ですね。今回は食べ物の話です。風邪や感染症にならないために免疫力をあげる食べ物について考えてみましょう。
 まずは免疫力をつけるのに抗酸化作用の強いビタミンCを多めにとりましょう。ビタミンCといえば柑橘類や苺が有名ですが、とくに苺は多く7~8粒で一日に必要なビタミンCを摂ることが出来ます。またビタミンCは水溶性ビタミンなので、過剰摂取でも尿中に排泄されるので副作用が出ることはありません。野菜ではブロッコリーがC以外にもビタミンEが豊富で血行促進効果が望めます。
 さらに、ゴボウやレンコンなどの根菜類は食物繊維が豊富で便通促進効果とともに免疫力を高める作用があります。カボチャはビタミンC,ビタミンE,βーカロチンも豊富です。βーカロチンは目の疲労回復にも効果があります。
 以上三大抗酸化ビタミン(ビタミンC,ビタミンE,βーカロチン)の多い食品について説明してきましたが、これらは免疫力を上げて感染症にかかりにくくなりますので、ぜひ御試しください。
 冬場は冷えるので、冷えに改善のある食べ物として一工夫して摂取したいのが生姜です。生姜は発汗、発熱、殺菌作用、抗酸化作用、コレステロール低下など様々な作用のあるもので、漢方薬にもよく使われています。生姜紅茶は簡単で温まります。作り方は簡単で紅茶一杯に生姜のすり下ろしを親指大いれて、黒砂糖を入れるだけです。一日2杯から4杯くらいで効果があります。

獣医学部入試コラム 化学第1回 「日本大学の傾向と対策」

  化学科としては、一般入試も間近になってきたということもあり、医療系大学の出題傾向に基づく直前対策について記していこうと思います。その中でも今回は、日本大学生物資源科学部獣医学科に注目していきます。

 まず、獣医学科(第Ⅰ期)は数学と理科(1科目)を合わせて120分・各100点。その中で、化学は毎年大問5題(総設問数25問)をすべてマークシート方式で解答するのが特徴です。出題範囲に偏りはあまりありませんが、主に下記のパターンで出題されることが多いです。

 

【1】・【2】理論・無機・有機分野

【3】理論・有機分野の計算問題

【4】有機分野の構造問題

【5】有機分野の計算問題

 

 上記のように、有機化学分野からの出題も多く、有機化合物の異性体数や構造の選択問題は特に出題されることが多いです。また、高分子化合物の計算問題もよく出題されています。

 

 日大の試験では、高い得点率と数学に時間がかかることを想定したペース配分の2つが求められます。直前対策として、無機分野においては、環境化学を絡めての知識をミスなく解けるようにし、他の問題へ備えましょう。時間配分については、過去問(特に2015年度以降)を用いて、素早く正確に解答する練習を繰り返し、本番でのイメージをつかんでおきましょう。知識の問題で時間を稼ぐことやできる問題から手を付けていくなどの戦略を駆使し、40分程度で解答できれば理想的ではないでしょうか。

 あと3週間となりましたが、ベストを尽くして頑張ってください。