大阪医歯学院 公式ブログ

大阪医歯学院の公式ブログです。受験生に役立つ情報等を配信していきます。

医学部入試コラム 生物第1回

医学部入試 生物の過去問から(1)

 

シストロンという言葉を聞いて意味の分かる人は少ないと思っています。随分と古い言葉なので、私も忘れていました。2016年の東北医科薬科大医学部の問題で久しぶりに出会いました。

シストロンとはたんぱく質をコードする遺伝子の転写単位のことを指します。

  

f:id:oosakaisigakuin:20191204162626j:plain

上図のAのように1つのmRNAから1種類のタンパク質ができるのがモノシストロン、

Bのように1つのmRNAから複数種類のタンパク質ができるのがポリシストロンです。

Bはラクトースオペロンで見たことがあるはずです。生物図表で確認しましょう!

獣医学部入試コラム 生物第1回

獣医学部入試 生物の過去問から(1)

 

日本獣医生命科学大学で見たショットガンクローニングを取り上げたいと思います。ここのところ見かけていないので、そろそろかなと思っています。やり方としては下記のようなDNA断片、これはある遺伝子の鋳型鎖の一部ですが、つなぐと21塩基になります。開始コドンから終始コドンまで、6個のアミノ酸を指定します。

 

5'TTAATCG3'

5'AGCACAT3'

5'ATCGTAT3'

5'ATCGATC3'

5'TATAGCA3'

 

要するに、

5'TTAATCG3'

       5'ATCGATC3'

                 5'ATCGTAT3'

                           5'TATAGCA3'

                                 5'AGCACAT3'

 

という感じでオーバーラップさせて、下記の全長を得るのです。

5'TTAATCGATCGTATAGCACAT3'

 

ただ、日獣が出題したときは、7塩基を12個つなぐ形式でした。それだけつなぐと15分はかかります。

日獣は時々、重い計算問題を出しますが、何とかとっていきたいですね。

はじめまして!!

 新大阪駅南側にある新大阪ワシントンホテルの1Fに、「隠れ家的」医学系専門予備校がある。大阪医歯学院である。扉を開けると、花が開いたように質問や相談が飛び交っている。6年前に近くから移転したが、始まって以来37年になるので、合格卒業者は5,900人に上る。皆さん、社会で立派に活躍しておられる。そして現在今まさに、今年度の現役生や1浪生の医学部推薦入試の結果が出始めているが、予想通り激戦模様。もう少し様子を見ながらも、本試験に向けてのひたすらにトレーニングする時期でもある。取り組む1問1問を予想問題と思って、確実に仕上げよう。以前、かつての体験に基づく、特に印象的な生徒たちをモデルに、合格者列伝という冊子を作り、大変好評だったので、新バージョンをこれからしばしば掲載しようと思う。勇気づけられることが多いはずだ。また、入試に関わる最新情報(データや解答速報)も伝えていきます。乞うご期待。なお、ツイッターやインスタグラムでも別の角度から紹介していくので、よろしく。                

                           大阪医歯学院  北原

 

大阪医歯学院公式サイト http://www.isigakuin.ne.jp/

twitter  https://twitter.com/isigakuin